3月 23rd, 2014 6:47 PM

小さい頃から野球は人気のあるスポーツだったので、よく同級生たちと

草野球をやりました。

またテレビが各家庭に普及した頃だったのでプロ野球や高校野球の試合

をよくみていました。

『巨人の星』などの野球マンガもよく読みましたし、テレビでもアニメ

としてやるようになったので、思えば私の十代の時期は野球漬けだった

と言えなくはありません。

中学校のときに、地元の広島商業が夏の甲子園で優勝してその優勝パレ

ードを追いかけに行ったこともあります。また作新学院の江川卓の球がすごくて誰もまともに打ち返せなかったのも印象に残っています。

そういう高校野球の試合をみているとだんだん感化されて野球部でもないのに毎日投球練習をしたのを覚えています。

ちょうど私が中学生のころは巨人のV9時代で巨人中心のプロ野球でした。
ONの存在が大きかった頃です。

このように私の若い頃は野球が一番人気のあるスポーツでしたが、最近のニュースをみると、若い人たちの野球離れがよく話題になっています。

若い人たちの間では野球よりサッカーのほうが人気があるようです。

まあ、少子化のせいもあるのか、小学生たちが草野球をしているのをまったくみなくなりました。できる場所も少なくなっていますから。

ところが、若い人に人気がなくなってプロ野球の試合も巨人戦さえまともに放送しなくなっていますが、それでも野球のプロ選手になろうする人たちは減っていない印象です。

それは、やっぱり収入が世間一般の仕事と違って桁違いによいからだと思います。
さほどの選手でないような選手でも1億円以上もらっているひとが結構います。

さらに、最近では日本のプロ野球で活躍するとダルビッシュやマー君のようにMLBに移籍して巨額のお金を手にすることができるようになりました。

面白いことに野球以外の有名なスポーツ選手ほど子供に野球をさせています。
これはプロ野球やMLBの収入が桁違いによいからだと思います。

若い人たちからはそっぽを向かれている野球ですが、プロ野球の選手になりたいと思っている人たちは減っていないのはなんとも皮肉なことです。

最近では高校野球も完全にプロ野球に進むためのステップの場所になっています。

それほど野球のプロの選手の報酬がいいということだと思っています。

ですから、私たちが小さかった頃のように純粋に野球を楽しむ時代はもう二度と来ないのではないでしょうか。

今の私の野球への関心は、日本人選手がMLBでどこまで活躍するかということだけです。日本のプロ野球には完全に興味を失っています。

なんとも野球で育った世代としては複雑な心境ですね。

(PR)野球場の近くへのお引越しなら、引越し格安センター 引越し格安

Comments are closed.