3月 7th, 2014 5:32 AM

野球界の改革について
まずよく話題になるのが1リーグ制にすると言ったような話ではないでしょうか。
これはどうなんでしょうかね。

1リーグにして現在の12球団から10球団ほどに球団を減らすとなると各球団の選手のレベルは上がると思います
つぶれた球団の人気選手が移るわけですから、残った球団間での競争も激しくなりまし逃げるのレベルが上がるのではないでしょうか。

大リーグでは2リーグですがチームの数がかなり多いので、
レベルが高く保たれているのではないかと考えています

しかし、日本人でも大リーグでかなり昨今通用していると思います
例えばダルビッシュ投手や田中投手などは何にでも通用するといっても過言ではないのでしょうか。
黒田選手もヤンキースの選手として活躍しています。

そう考えると日本のレベルは高いのかもしれません。
しかし投手は通用しているのですが、打者はなかなか難しいのかもしれません。
とは言ってもイチロー選手は、大リーグでもかなり通用したと思っています

現在では加齢による衰えからか控えに甘んじていますが、まだまだ活躍できるのではないでしょうか。
しかしイチロー選手も日本の球団に移籍するという噂がたまに出たりしますが、見てみたい気もします

イチロー選手はもともとの子供の頃から中日ファンということで
古巣のオリックスか中日に復帰することになるのではないでしょか。

しかし日本に戻ってきても通用するのかとの声もありますが楽しみもあります
どちらにしてもお客さんを呼ぶことはかなりできるのではないでしょうか。

そう考えると松井選手が引退してしまったのも惜しまれると思います
まだ30代で山本昌投手に比べれば子供のような年齢であると思います。

にもかかわらず引退してしまうのはもう野球が飽きてしまったからなのでしょうか。
わかりませんが十分稼いだからもう休もうという感じなのかもしれません。

いずれにしても野球界の改革というテーマに関して、いろいろと改善点はあるのではないかと考えています
しかし統一球問題はびっくりしました。
選手に知らせずボールを変えてしまっては、
選手はたまったのではないのでしょうかではないでしょうか。

構造上の問題などあると思いますが、いろいろと解決していって欲しいものです。

Comments are closed.