赤帽の野球好きおじさんの思い出

1月 18th, 2016 2:53 PM

大学4年生の時の話なのですが、無事に就職の内定をもらうことができたので、できるだけ職場に近い場所に引越しをすることにしました。
実は、前の年に、隣の人の騒音問題で引越しをしたばかりだったので、今回の引越し費用は、親に頼らず自分でアルバイトをして稼いだお金でしようと考えていました。
そのため、どうしても予算的には安い業者を選ぶしかありませんでした。

東京の練馬区から川崎市までの引越しだったのですが、普通の引越し業者に依頼するとなると5万円ほどかかると言われました。
見積もりを何社かにしたのですが、だいたいどこも同じような金額でした。
唯一、カルガモ引越センターというところが3万円台を提示してくれ、そこに決めようと思っていたのですが、友人から「俺が手伝うから、赤帽とかにすればもっと安く済むんじゃない?」と言われたので、早速赤帽に見積もりを取ってみました。
すると3万円を少し下回ったので、友達にお礼として夕飯を御馳走したとしても、こちらの方が安く上がると思い、赤帽にお願いすることにしました。

ところが当日になって、その友達に就職試験の面接の予定入ってしまったため、手伝いに来られなくなってしまったのです。
急遽、他の友達にも当たってみたのですが、結局スケジュールが空いている友達は一人もおらず、私とドライバーさんだけで作業をすることになってしまいました。
ドライバーさんにもヘルプで一人来ることが伝わっていたようなので、とにかくお詫びをして、なんとか2人で頑張りましょうということになったのですが、新居が4階で、しかもエレベーターがないマンションだったので一苦労でした。

一人の引越しだったのでそれ程荷物は多くありませんでしたが、洗濯機や冷蔵庫などは2人で運ぶのもかなり大変でした。
業者の方は50代後半くらいの方だったので、体力的にも相当大変だったと思います。
結局予定よりも大幅に時間がかかってしまい、半日も時間を費やしてしまいました。
幸いその日は別の引越しが入っていなかったので良かったですが、もし他にも仕事が入っていたら業者さんに申し訳なかったです。
今思えばクロネコヤマト単身パックなどをうまく利用すればよかったです。

大変な引越し作業にはなりましたが、最後には飲み物を飲みながら、業者さんとプロ野球の改革など世間話で盛り上がったのは良い思い出です。
「仕事は辞めたくてもすぐに辞めるなよ」と言われたのが印象的でした。

いまは純粋に野球を楽しむことができなくなっています

3月 23rd, 2014 6:47 PM

小さい頃から野球は人気のあるスポーツだったので、よく同級生たちと

草野球をやりました。

またテレビが各家庭に普及した頃だったのでプロ野球や高校野球の試合

をよくみていました。

『巨人の星』などの野球マンガもよく読みましたし、テレビでもアニメ

としてやるようになったので、思えば私の十代の時期は野球漬けだった

と言えなくはありません。

中学校のときに、地元の広島商業が夏の甲子園で優勝してその優勝パレ

ードを追いかけに行ったこともあります。また作新学院の江川卓の球がすごくて誰もまともに打ち返せなかったのも印象に残っています。

そういう高校野球の試合をみているとだんだん感化されて野球部でもないのに毎日投球練習をしたのを覚えています。

ちょうど私が中学生のころは巨人のV9時代で巨人中心のプロ野球でした。
ONの存在が大きかった頃です。

このように私の若い頃は野球が一番人気のあるスポーツでしたが、最近のニュースをみると、若い人たちの野球離れがよく話題になっています。

若い人たちの間では野球よりサッカーのほうが人気があるようです。

まあ、少子化のせいもあるのか、小学生たちが草野球をしているのをまったくみなくなりました。できる場所も少なくなっていますから。

ところが、若い人に人気がなくなってプロ野球の試合も巨人戦さえまともに放送しなくなっていますが、それでも野球のプロ選手になろうする人たちは減っていない印象です。

それは、やっぱり収入が世間一般の仕事と違って桁違いによいからだと思います。
さほどの選手でないような選手でも1億円以上もらっているひとが結構います。

さらに、最近では日本のプロ野球で活躍するとダルビッシュやマー君のようにMLBに移籍して巨額のお金を手にすることができるようになりました。

面白いことに野球以外の有名なスポーツ選手ほど子供に野球をさせています。
これはプロ野球やMLBの収入が桁違いによいからだと思います。

若い人たちからはそっぽを向かれている野球ですが、プロ野球の選手になりたいと思っている人たちは減っていないのはなんとも皮肉なことです。

最近では高校野球も完全にプロ野球に進むためのステップの場所になっています。

それほど野球のプロの選手の報酬がいいということだと思っています。

ですから、私たちが小さかった頃のように純粋に野球を楽しむ時代はもう二度と来ないのではないでしょうか。

今の私の野球への関心は、日本人選手がMLBでどこまで活躍するかということだけです。日本のプロ野球には完全に興味を失っています。

なんとも野球で育った世代としては複雑な心境ですね。

(PR)野球場の近くへのお引越しなら、引越し格安センター http://hikkoshi-kakuyasu.net

昨今のプロ野球界について思うこと

3月 7th, 2014 5:32 AM

野球界の改革について
まずよく話題になるのが1リーグ制にすると言ったような話ではないでしょうか。
これはどうなんでしょうかね。

1リーグにして現在の12球団から10球団ほどに球団を減らすとなると各球団の選手のレベルは上がると思います
つぶれた球団の人気選手が移るわけですから、残った球団間での競争も激しくなりまし逃げるのレベルが上がるのではないでしょうか。

大リーグでは2リーグですがチームの数がかなり多いので、
レベルが高く保たれているのではないかと考えています

しかし、日本人でも大リーグでかなり昨今通用していると思います
例えばダルビッシュ投手や田中投手などは何にでも通用するといっても過言ではないのでしょうか。
黒田選手もヤンキースの選手として活躍しています。

そう考えると日本のレベルは高いのかもしれません。
しかし投手は通用しているのですが、打者はなかなか難しいのかもしれません。
とは言ってもイチロー選手は、大リーグでもかなり通用したと思っています

現在では加齢による衰えからか控えに甘んじていますが、まだまだ活躍できるのではないでしょうか。
しかしイチロー選手も日本の球団に移籍するという噂がたまに出たりしますが、見てみたい気もします

イチロー選手はもともとの子供の頃から中日ファンということで
古巣のオリックスか中日に復帰することになるのではないでしょか。

しかし日本に戻ってきても通用するのかとの声もありますが楽しみもあります
どちらにしてもお客さんを呼ぶことはかなりできるのではないでしょうか。

そう考えると松井選手が引退してしまったのも惜しまれると思います
まだ30代で山本昌投手に比べれば子供のような年齢であると思います。

にもかかわらず引退してしまうのはもう野球が飽きてしまったからなのでしょうか。
わかりませんが十分稼いだからもう休もうという感じなのかもしれません。

いずれにしても野球界の改革というテーマに関して、いろいろと改善点はあるのではないかと考えています
しかし統一球問題はびっくりしました。
選手に知らせずボールを変えてしまっては、
選手はたまったのではないのでしょうかではないでしょうか。

構造上の問題などあると思いますが、いろいろと解決していって欲しいものです。